<< あけましておめでとうございます | main | まだ歩かない赤ちゃんのための防寒用ブーツ…2 >>
まだ歩かない赤ちゃんのための防寒用ブーツ…1
0
    以前に別サイトにupしていた型紙データをこのブログに再掲載します。 というのは、この型紙データを使ってブーツを作って下さったという方から、 お正月にメールとお写真を頂いて、本当に本当に、嬉しかったからです。 これから作るにはもう時期的に遅いかと思いますが、ネットですから。 来年、もしまた、どなたかのお役に立てたら、それはそれでいいかなと。 そして、頂いたお写真は 『まだ歩かない赤ちゃんのための防寒用ブーツ…2』の 記事の方へupさせて頂いています。


    一昨年、息子がまだ8ヶ月の頃に作りました。 出来上がりの足サイズ9.5cm、高さ15cmのブーツです。 ベビーカーなら毛布で覆えるけれど、抱っこ紐ではそうもいかず、 靴下と服の間の絶対領域からどんどん足が冷えていく・・・ という困った事態を解消するために自作してみました。 材料は、フェイクスエード、ボア、ボタン、細ゴムです。


    型紙ダウンロード
    ・左足用 628kb
    ・右足用 630kb

    あまり親切でない作り方
    < はじめにお読みください >
    私は裁縫は全くの素人です。
    この型紙、作り方通りに作ってもきちんとできないかもしれません。
    ご理解、ご了承の上、ご使用くださいませ。


    左足用の型紙図面を例にします。


    型紙にはスケールが入っています。 jpg画像の場合、プリンタによってサイズ通りに 印刷されないことがありますので、裁断前に、 出力した型紙と、定規を合わせてみてください

    フェイクスエードを表地、ボアを裏地にするよう裁断する。斜線部は縫い代。 また、履き口用のボア15×10cmを、片側に付き2枚裁断する(型紙外)。

    (1)青線の箇所をブランケットステッチでかがる。
    (2)底に甲を取り付ける ・・・ A-B-C間を縫う。
    (3)底に後を取り付ける ・・・ A-D-C間を縫う。
    (4)甲に前を取り付ける ・・・ E-F-G間を縫う。
    (5)甲と後、前と後を取り付ける ・・・ A-E、E-H間を縫う。
    (6)斜線縫い代部分を2mm程度残して切断し、まつる。
       切断する際、ボア生地を多く残すようすると見栄えが良い。
    (7)履き口にボアを取り付ける。
       赤線部を輪にしたボアで挟み込むように縫う。
       縫い代折り返し裏表5mm、ボア部分は4.5mmになる。
    (8)履き口のボア部分を始末する。
       型紙は幅を長めに取ってあるので、縫い代を適当な長さに残し切断する。
       側面で2枚を縫い閉じてから、前後それぞれの端部を袋に縫い閉じる。
    (9)ボタンを付け、ゴムをかける。ボタン位置は下の画像を参考に。

    左足を外側から見たところ

    左足を内側から見たところ

       ゴムは内側に来る方を外れないよう結ぶ。 以上で出来上がりです。

    関連記事:まだ歩かない赤ちゃんのための防寒用ブーツ…2
    関連記事:まだ歩かない赤ちゃんのための防寒用ブーツ…3
    関連記事:まだ歩かない赤ちゃんのための防寒用ブーツ…4

    Posted by : may5thnews | こどものためのハンドメイド | 17:48 | comments(0) | trackbacks(0)
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://news.may5th.jp/trackback/126
    TOP