<< 風邪で引きこもる | main | 作品ファイル8:こんこん、ぱか!と割れる卵 >>
バスポンチョ
0
    ベビースイミングで使うバスポンチョを作りました。 練習が終わって着替えまで、体を冷やすことなく更衣室に行けます。 以前から使っていた物が小さくなったので、自作してみました。

    わざわざ作らなくても、バスポンチョならネットでたくさん見つかるのですが、 どの商品もしっかりしたタオル地で、しっかりと作られ過ぎているのです。 ・・・つまり、嵩張るし、すぐに乾かないので、家で使うには良いのですが、 スポーツクラブへ持って行くには不便だな、という訳です。 息子は、まだプールの後の帰り道でぐっすりで、抱っこ紐が必須なため、 サイドキックで通っているので、 母も子も、装備をなるべくコンパクトに納めたいのです。 サイドキックは、スポーツクラブに通うバッグとしては小さいですからね。

    お手本にしたのはこれです。IKEAのバスローブ。最近はずいぶんヨレヨレに なってしまったので、買ったばかりの9ヶ月の頃の写真です。ちっちゃいなー。 裾がぜんぜん余ってますね。

    材料は、バスタオルと、フェイスタオルと、バイアステープ。糸とアイロンワッペン。 糸とワッペンはユザワヤ、他は100円ショップです。 100円ショップのタオルは薄くて、この場合はとても良いです。

    フェイスタオルでフードを作ります。頭の後ろになるところを縫って切ったところ。点線の外側が縫ったところ。

    切ったところを上手に纏る自信が無かったので、切った端をくるむように折って袋縫いで縫い付けました。糸は、ポリエステルの強い手縫い糸です。

    胴体部分はバスタオルで作ります。バスタオルを二つ折りにして、その真ん中を頭が入るよう長さで切って穴を開けます。その穴とフードを縫い付けて、

    バイアステープでくるみます。胴体部分は、手を通す部分を残して脇を縫います。

    ワッペンを付けてできあがり。所要時間は手縫いで2時間ほど。 テキトーに作ったら、首元が大き過ぎて、 上のIKEAの写真みたいにだぶだぶになってしまいました(^^; これを見てうちも作ろう!と思った方は、首元のサイズはしっかり計った方が良いです。



    それから話は変わりますが、新幹線つながりの話を。 先日、近所の回転寿司、かっぱ寿司へ行きました。 お寿司が回っているのも喜んでいましたが、ここは注文したお寿司が、別レーンを 走る新幹線もどきで運ばれてくるので、それはもう大興奮でした。 お皿を取ったら、タッチパネルで新幹線を発車させることができます。 鉄道好きの子にはおすすめかも。

    おっ!これはおもしろい!

    来た来た!

    ばいばーい!

    Posted by : may5thnews | こどものためのハンドメイド | 10:13 | comments(0) | trackbacks(0)
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://news.may5th.jp/trackback/130
    TOP