<< 作品ファイル8:こんこん、ぱか!と割れる卵 | main | チンパンジーとチューの巻 >>
Sidekickと過ごした1年
0
    早いもので、私と息子がサイドキックを使い始めて1年が経とうとしています。 届いたのは2/6でしたので、去年の今頃はどきどきわくわくしながら、 到着を待っていた頃です。

    今、息子は2歳8ヶ月。去年アメリカのkemby社に注文のメールを送った時は、 抱っこ紐の付いたバッグをこれから買うなんてきっと遅過ぎるだろうな、 すぐに抱っこ紐は必要が無くなるんだろうな、などと思っていました。

    子供の成長のことを、何も分かっていなかったなあ、と今は思います。 なぜならこの1年間、ほとんど他のバッグの出番が無いほどに使い倒しましたし、 まだこれからも、外出先で子供を抱っこしなければならない機会が 山ほどありそうだからです。

    さて、明日は家族でおでかけです。
    ・移動は車のみ。ベビーカー搭載。
    ・混雑した場所には行かないはず
    ・私、夫、お義母さん、と抱っこの手がたくさんある
    というような条件が揃ったので、明日の私のバッグはサイドキックではなくて、 これまたマザーズバッグに良さそうだと思って購入した、AIGLEのナイロンレザーショルダー (軽くて仕切りがいくつかあって汚れに強そうな素材でそこそこ容量があります。 持った時のおさまりも良いです。AIGLEの回し者ではありませんがおすすめです。) を使ってみましょう、と斜め掛けにしてショルダーベルトの長さを調節していたら。

    「ねえねえ、だっこ。だっこひもにのるー。」
    と、にこにこしながら息子が私を見上げていました。

    !!!!!

    このバッグには抱っこ紐は付いてないんだよ、と説明してみたのですが、 こんな感じの形状のバッグはそういうものだと思い込んでいるらしく、 ○○○(←息子の名前)とかあさんカンガルーする、などと言いつつ、 息子は私の足に抱きついていました(その後エスカレートして登って来ようとまで)。

    そんな様子を見ていたらなぜだか申し訳ない気持になってしまって、 ごめんねわかったよ、と意味なく言いながら、息子をしっかり抱っこしました。 車なんだしサイドキックも保険に持って行った方がいいんじゃないか、と夫が言っていたのですが、 AIGLEのバッグがサブバッグになってしまいそうです・・・ああ、使ってみたいのに。さてどうなることやら。

    関連記事:マザーズバッグとベビーキャリア。サイドキックならどちらも。

    Posted by : may5thnews | サイドキッカーな日々(おでかけ情報など) | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0)
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://news.may5th.jp/trackback/133
    TOP