カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

twitter


最近の記事
最近のコメント
  • 授乳中のことその2・・・刺すような痛みについて
    May5th (05/27)
  • 授乳中のことその2・・・刺すような痛みについて
    よね (05/23)
  • 授乳中のことその2・・・刺すような痛みについて
    May5th (01/31)
  • 授乳中のことその2・・・刺すような痛みについて
    スヌーピー (01/30)
  • 授乳中のことその2・・・刺すような痛みについて
    May5thくぼ (05/25)
  • 授乳中のことその2・・・刺すような痛みについて
    つかさまま (05/25)
  • 授乳中のことその2・・・刺すような痛みについて
    May5thくぼ (04/27)
  • 授乳中のことその2・・・刺すような痛みについて
    なんの (04/27)
  • 授乳中のことその2・・・刺すような痛みについて
    May5thくぼ (03/13)
  • 授乳中のことその2・・・刺すような痛みについて
    はな (03/13)
カテゴリー
カテゴリー別目次ページ
アーカイヴス

May5thNEWS!
<< お箸トレーニングと伝説の英雄 | main | 心に残る言葉『ママの法則』 >>
ゴーゴー・ミッフィー展
行ってきました。
会場内には、抱っこ紐やベビーカーで鑑賞している小さい子達もいて、 そういう子供達に向けた楽しい展示もいくつかありましたが、 じっくり鑑賞したい母と一緒の行動は難しそうだったのと、 展覧会の後に友達に会う予定があったので、息子は同行せず、でした。 ミッフィーちゃんの歌を歌ったり、パペットで遊んだり、 それなりにファンなのはわかってたけど今回はごめんね、マイサン。

さて、うさこちゃんの展覧会ってけっこう定期的にあるので、 原画は過去に何度か見たことがありました。 それでもやはり、ブルーナさんが描かれた原画を目の前にすると、 完璧な輪郭線の美しさや、ちょっとした耳の傾き、雄弁なばってんの口元を、 いつまでもいつまでも眺めていたくなってしまって、かなりな長時間を 会場で過ごすこととなりました。

今回つくづく思ったのは、うさこちゃんの世界は侘び寂びだということ。 無駄を削ぎ落とした、絵とおはなしの文章が、かかれていないことを 見せてくれるのです。

ブルーナさんがマチスを敬愛されていることを今回初めて知りましたが、 空間構成も、対比させる色の使い方も、なるほど、ととても納得がいくのでした。 そういえば、あのモンドリアンもオランダの画家ですけれど、その窮めたシンプルさに なんだか相通じるところがあるなあ、と気付いてちょっと嬉しくなりました。 (ブルーナさんに敬称『さん』を付けずにいられないのはどうしてだろう)

デジタルでの読書がこれから増えてくると言われていますが、 本という媒体はこの先も無くなることはないだろうな、ということも、 そんな完璧なまでの手描き線の美しさや、紙の質感を堪能して思ったことの一つです。

それから、ここ半年ばかり納得がいかずに考え続けていたことがあったのですが、 その疑問にも、今回のミッフィー展で答えをもらいました。 『ブルーナさんは自分の古い作品を見るのが好きだと言います。』という解説の一文。 うさこちゃん55歳のお誕生日に、国内外の作家が贈ったカードの中の一枚で、 『55年生きた子どもの本は、きっと100年生きます!100年後の子どもたちにも、 ちゃーんと読まれてだいじにされます!』という今江祥智の言葉。 端的に言えば、古いものより新しいものの方が良いか、ということを悩んでいたのですが、 長くなりますので、これについてはいずれまた別に。

ところで、会場を出ると恐怖のグッズ売り場がありました。 息子へのお土産にTシャツを買おうと思っていたので120cmしかサイズがなく断念、 おかげさまで、別の物をあれこれたくさん買うはめになってしまいました。



新装の絵本、図録、ストラップ、一筆箋、乳歯入れ、チロルチョコ。
買い過ぎです、はい。
絵本は装丁が新しくなったのはもちろん、ウサコズフォントという書体が導入されて いるのがすごいなあ、と思わず購入してしまいました。 そんなにさっくり日本語フォントってできあがるもの?と思いましたが、考えてみたら、 うさこちゃんの本には漢字もカタカナも出てこないので、量は少なくて済むのですよね。

新装版のブックデザインと、ウサコズフォントを作られた 祖父江慎さんのインタビュー がありました。

ウサコズフォントは、祖父江慎の言う『子どもの絵本用の普通にやさしい書体』なだけでなく、 親しみを感じることのできるとても愛らしいフォントだと思います。 この方を初めて知ったのは、しりあがり寿の漫画の装丁でしたっけ。 そういえば、しりあがり寿のバースデイカードもありましたよ(笑!

うさこちゃん55歳、トーマスは65歳。私よりずっと年上の二人、これからもよろしくね。

JUGEMテーマ:育児
| メイフィフスの日々(育児日記です) | 11:55 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
そーいえば、55周年記念なんですね。
だからゴーゴーなんですね。
四角い箱はチロルチョコなんですか?
うーーむ、これは食べれないゾー
カラビナはカバンに下げていると、
あ&#9825;ミッフィーとか言われます(^^)
それと、分厚いのは図録?
むかし大阪では「木を眺めている」ミッフィーちゃんの
大きい絵が売られていてとても欲しかったです。

恐怖のグッズ売り場?
東京にも確か・・ミッフィーストアが・・・・・ね?

Posted by よっち〜 at 2010/04/28 9:59 PM

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

そうなんです>ゴーゴー。
チロルチョコは2つ買ったのですが、お友達へのお土産でした。
うちの分は無いので、食べる心配はしなくてよいのです(笑
よっち〜さんの日記でこのカラビナが欲しくてゲット!
だったのですが、これってどうやって使ったらいいんだろう?
普通にキーホルダーにしていいのかな?
実はいまいちわかっていません。
分厚いのは図録です。読み応えありますよー。
Tシャツは残念だったけど、その分の軍資金を回しました。

そういえば、商品の中にキティちゃん的なピンクとか、
レイアウトの印象が全然違うシリーズがありました。
よっち〜さん、見たことありますか?
私はこれって邪道だなあと思っちゃうのですけれど、
ブルーナさんはokなのかしら。
あれだけ求め続けて究めた色使いやデザインなのに、
納得いきません。かわいければokってそうじゃないよね。

ミッフィストア、あえて行きません。
ものすごく散財しそうで怖いからです。
でも展覧会は、ねえ。

Posted by May5th at 2010/04/30 10:58 AM

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

キティちゃん的なピンクとかあるんですね。
赤ちゃん用みたいな薄〜いピンクなのかな?
それはちょっと止めて欲しいです。
ゆみやんさんの言うように色使いってとても大切だと思います。
もうブルーナさんがどうのこうのより、版権とか持ってる会社が
商業的に・・・って感じがするのです。
でも、シックな色使いなら良いなって思うのは邪道なのかな・・・


カラビナはキーホルダーにすると直ぐにキズだらけになりそうなので、
カバンのファスナーにぶら下げています。
後で、メール送りますね。<参考にはならないけど^^;

大阪のゴーゴーミッフィ展は来年のようです・・・

Posted by よっち〜 at 2010/04/30 12:57 PM

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

それがね、ベビーキティ系の薄いピンク色ではなくて、
マゼンタに近い、濃いピンク色で、レイアウトもポップな感じなんです。
これだけ人気があるのだから、いろんな商品が出るのはおかしく
ないのだけれど、やっぱり基本のラインは崩さないでほしいなあ。
絵本のうさこちゃんのまわりの空間ってあるじゃないですか。
あの空間感覚って、けっこう大事だと思うんですよね。
ピーターラビットなんかは、きっちり描き込まれていて、
あれこれレイアウトしにくいのか、どの商品もそのまんまの絵柄を
崩さずにいますけれど、うさこちゃんは究めたシンプルさが仇に
なってしまっている気がします・・・

カラビナ、ストラップの部分を外してキーホルダーにしました。
それどこのカバンですか!?って聞かれそうなカバンになっていて、
写真を見て笑ってしまいましたよ。どうもありがとう〜!

Posted by May5th at 2010/05/03 5:40 PM

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -










http://news.may5th.jp/trackback/145

このブログについて
sidekick


マザーズバッグとベビーキャリア。サイドキックならどちらも。 カリフォルニアGo-Go Babyz社の抱っこ紐一体型マザーズバッグSidekickを輸入販売するウェブショップ、メイフィフスのブログです。ブログの記事は主に、おでかけ情報や育児についてです。サイドキックについて、私自身もたくさん感想を書いていますので、下の窓から検索してみて下さいね。お問合せは、mail@may5th.jpへ(スパム対策のため@を全角で記載しています。半角に打ち替えてご送信くださいませ)。

▽本店へのリンクです
May5th本店



SIDEKICK BLISS
¥15,250(消費税、送料込)


SIDEKICK DELUXE
¥16,250(消費税、送料込)


Go-Go Babyz社のサイトです
Go-Go Babyz
サイドキックが紹介されました!

☆ベビー用品・育児用品
 -サイドキックの詳細なレビューを
 書いて頂きました。
☆母乳育児・授乳
☆新生児育児

 -赤ちゃんとの生活での心配事は、
 助産師浅井先生のコラムで解決。
おすすめリンク
はんどめいどA・MI
シンプルなレッスンバッグはここにあります!
OTHERS