<< きかんしゃクッキー | main | 水いぼ! >>
飛行機とスリング・抱っこ紐の問題・・・kirinさんのブログより
0
    小さな赤ちゃんをお連れのみなさんは、乗り物に乗る時、赤ちゃんをどうしていますか? 抱っこ紐やスリングを使って、安全に気を配って乗っているのではないかと思います。 電車は混むし、バスは揺れるし、そんな中で素で抱っこし続けるのは至難の業です。

    飛行機はどうでしょうか?
    両実家がそう遠くない距離にあるため、乳児の息子と一緒に飛行機に乗る機会が うちは全くなかったのですが、里帰り出産や帰省などで、お子さんが本当に小さいうちから 飛行機を利用される方も、今は少なくないのではないかと思います。

    北海道のkirinさんは、息子さんが6ヶ月の時に乗った飛行機で、離発着時はスリングを 外してくださいと言われたそうです。安全を確保するためという理由だったそうです。 万一の時に素で抱っこしている方がかえって危険なのではないかと考えた kirinさんは、この問題について航空会社に問い合わせをしたところ、2つの航空会社から まったく違う回答を得ました。この先の顛末については、kirinさんのブログをどうぞお読み下さいませ。

    飛行機とスリング・抱っこ紐の問題。
    飛行機とスリング・抱っこ紐の問題。・・・ANA 編
    飛行機とスリング・抱っこ紐の問題。・・・ANA 編・・・その二

    赤ちゃんの安全を守る、というとても重要なことで、航空会社によってこれだけ対応が違う、 ということに私はとてもびっくりしました。・・・それでいいのでしょうか?また、国際線ではどうなのでしょうね? kirinさんのブログは、この問題についてkirinさんが航空会社に提案をなさった、というお話で 締められています。問題を追求して改善を求めるkirinさんのようなお母さんのおかげで、 赤ちゃんを取り巻く生活環境は、色々と良くなってきたのだろうな、と思いました。 May5thのブログでこの記事にリンクを貼らせて頂きましたのも、微力ながら、 この問題と、それに取り組んでいるお母さんがいるということを、 少しでも多くの方に知って頂きたいと思ったからです。

    そうそう、飛行機に乗らない私がこの問題を知ることになった理由を最後に。 kirinさんは『JIS規格の抱っこ紐』を検索なさった時に、May5thのサイドキックのページをご覧下さった のだそうです。もちろん、簡易型の抱っこ紐であるkembyサイドキックは、 離発着時の使用にはまったく向きません。でも、『抱っこ紐より気軽で、しかも安全性が保証されている鞄』 があるなんて!、と、この話題とは別に記事を掲載してくださった、という訳なのでした。ありがとうございます! 10年位前に比べると、ネットでの人と人のつながりは薄くなっているな、と思っていますけれど、 今でも時々こうした出来事があって、とても嬉しいです。

    JUGEMテーマ:育児
    Posted by : may5thnews | メイフィフスの日々(育児日記です) | 22:49 | comments(2) | trackbacks(0)
    コメント
    ブログのご紹介をいただいてありがとうございます。
    まだ解決していない記事なのですが、また進展がありましたらご連絡します。
    私もこのような場でステキな出会いがあったことに感謝します♪
    | kirin | 2010/05/31 12:38 AM |

    いえいえ、こちらこそありがとうございます!
    安全で、なおかつ利便性もあって、というような解決へ
    すすむといいなあと思っております。
    変な言い方ですが、少子化が言われて久しいのですから、
    赤ちゃん『様』位の勢いで、あちこちで大事にしたらいいのにな、
    なんて常々思ってるのです。
    | May5th | 2010/06/03 4:11 PM |










    この記事のトラックバックURL
    http://news.may5th.jp/trackback/149
    TOP