<< おまつり装飾 | main | ミニポケットティッシュカバー >>
甚平を作ってみた
0
    twitterでもちょっとつぶやいたけれど、シビラみたいなプリントで、シンプルなノースリーブのワンピースを作りたいと思っていて、ずっと生地を探しています。パターンだけは、洋裁ど素人の私にもできそうな物を既に選んであるのですが、生地が無い!地元の吉祥寺のコットンフィールドとユザワヤに思うような生地が無かったので、布の聖地(?)の日暮里まで足を伸ばしましたが、こちらでも収穫無し・・・お!と思うようなテキスタイルって、やはりそのブランド独自の注文で作られて、一般にはやはりなかなか流通しないのかなと思ったりしました。あまりお高い生地は私には手に余るでしょうし。

    日暮里で布を見るのはとても楽しかったけれど、そういう訳でこれぞという布が見つからなかったので、何も買わずに帰るのもなんとなくつまらないなと、思い立って息子の甚平を作ることにしました。かわいらしいサッカー生地も見つけたし。型紙は『幼児じんべい』というのを買って、その通りに作ってみました。

    01.jpg幼児サイズなら、扱うパーツも小さいし縫う面積も小さいし、わりかしすぐにできるのではないかと思ったのですが、よく考えてみたら袖やら襟やら、気を使って作らなければいけないところがけっこうありましたorz。女の子の服は、かわいくて簡単なパターンがたくさんあるけど、男の子の服用ってあまり無くて、なぜかしらつまらないなと思っていたのですが、シャツとか作るのって、前述の袖やら襟やらに、さらにボタン付けも出てきますもんね。この辺も、男の子用が少ない理由かもと思ったりしました。敷居が高過ぎる〜


    04.jpg何はともあれできました。合計したら丸2日位かかってしまったかも。買う方が安いけど、なぜだか定期的に沸き起こる、母の『子供に作ってやりたい』願望を叶えるには、まあ良い題材だったかもしれません。太古の昔、服やら靴やら自作していた頃の古い記憶がきっと、母親遺伝子には組み込まれているんだきっと。


    そういえば、この写真を見るとずいぶん背が伸びて、子供っぽい体型になったなと思います。いつも上から見下ろしているので、もう少し寸詰まりな印象があるけれど、正面から写真を撮ると雰囲気が違う。昨日はスイミングのテストで合格できずに悔しくて泣き、そのスイミングの先生が今月いっぱいで辞められると聞いて半べそをかきました。悔しい気持も寂しい気持も、半年前には分からなかった感情。成長を嬉しく思いました。

    追記1:製作後、ZA○Aの縫製をもう少し温かい目で見ようと思うようになりました
    追記2:布を買う時まちがえてしまって50cm位余ってしまいました。どう使ったらいいのやら。


    Posted by : may5thnews | こどものためのハンドメイド | 09:31 | comments(0) | trackbacks(0)
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://news.may5th.jp/trackback/194
    TOP