<< May5th 特定商取引法に基づく表示 | main | サイドキックについて >>
ごあいさつ&サイドキックの使用感その1
0

    はじめまして。メイフィフスのホームページをご覧いただきましてありがとうございます。 2007年5月5日生まれの息子がいます・・・店名のMay5thは、息子の誕生日にちなんで名付けました。サイドキックを買ったのは、その息子がもうすぐ1才9ヶ月になろうかという頃です。最低の体重制限をクリアしてからは(生まれた頃、息子は小柄な子でした)、ベビービョルンのベビーキャリアエアーでどこへでも出かけ、バギーをよく使うようになってからは、小さく折りたためるタイプの抱っこ紐を、いつも持って出かけていましたが、1才9ヶ月、いまさら抱っこ紐でもない月齢ですよね。使う期間が限られていることを考えて、購入にはちょっと迷いました。でも、使い始めて本当によかったです!


    • 私と息子は週2回ベビースイミングに通っています。普段は自転車、天気が悪ければ車でプールへ行っているのですが、帰り道、息子は疲れて必ず眠ってしまうのです。私達の家は集合住宅の9階。水着やタオルの入ったバッグを肩からかけ、抱っこ紐を出して、ずいぶん重くなった息子をそこへ入れて、家まで戻るのはなかなか面倒な仕事でした。サイドキックを使い始めて、以前のスポーツバッグからは少々荷物を減らさねばなりませんでしたが、眠った息子を簡単に運べるようになったメリットの方が断然大きいです。

    • ひどい雨の日、息子はまだ上手に傘を差せません。せっかくのレインコートも、帽子嫌いで、肝心のフードをかぶってくれません。そんな日の外出も、サイドキックなら、二人とも雨に濡れずに出かけられます。

    • ずいぶんな長距離を歩けるようになった息子ですが、歩き疲れて休みたくなったり、着いたお店でカートに乗りたがらない時もあります。いつもいつもではないけれど、抱っこ紐をわざわざ持って行くのはわずらわしい。そんな時もサイドキックで出かけていれば安心です。「だっこ〜。」対策の保険みたいな感覚で持って行くこともあります。「乗る?」と聞くと、「のる〜!」と嬉しそうに答えてくれるので、抱っこ紐としての装着もすんなりできます。

    こんな風に、書き出すときりが無い程に出番が多いです。

    現在のデザインのサイドキックの販売は、アメリカでは2008年に始まったようです。息子はしっかり歩けるようになったのが、1才4ヶ月と遅めでした。もっと早くサイドキックに出会えていたら!せめて、よちよち歩きの頃から使うことができていたら!どんなにお出かけが楽だったろうかと切に感じます。 そして、こんなに便利で、使っていて楽しく、おしゃれな抱っこ紐×マザーズバッグがあることを、もっとたくさんの人に知って欲しい、使ってみて欲しい、と思いました。そして2009年の4月8日から、サイドキックの輸入・販売をこのオンラインショップで始めました。


    Posted by : may5thnews | メイフィフスについて | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0)
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://news.may5th.jp/trackback/36
    TOP