<< 調布飛行場まつり 2009 | main | 教育フェア 2009 >>
調布飛行場まつりに行ってきました
0
    かなり大きなイベントみたいだけれど、どんな感じだろう?と思いつつ出かけましたが、すごくたくさんの人にびっくりでした。普段の飛行場周辺の閑散振りを見ているので、あの賑やかさに妙に違和感を覚えるというか何というか。

    出がけに、義父から産地直送野菜が届いたりして、ちょっと家を出るのが遅くなってしまい、会場到着が11時頃だったのですが、その時点で、お昼の大抽選会の抽選番号は9661番。ぎりぎりでした(当たりませんでしたけど)。会場で待ち合わせた近所のY君とお母さんとは、お互いにあれこれの催しを眺めていたら時間が合わずに会えず、これまたお友達のKちゃん(年少さん)家族と、何度も電話でやりとりして、お昼を一緒に食べることができました。とにかく会場がやたら広いので、ちょっと離れても大変だったんです。

    佐世保バーガーやタコスや富士宮やきそば、なんていう今流行りのB級グルメの出店がたくさん(自転車でなかったら、ビールが飲みたかったなー)、パイロットや消防士さんの格好で写真撮影とかの参加型イベントもたくさんで、メインの飛行機やヘリコプターの展示も合わせて、1日いても遊びきれないほど。

    息子は昨日はちょっと疲れ気味で、抱っこ要請がやたら多かったので、サイドキックが本当に役に立ちました。消防ヘリの水難救助訓練デモ、というのがあって、よく見えそうな辺りで始まるまで20分ほど待っていたのですが、その間もずっと抱っこ。始まって、ヘリからレスキューの方が降りてきて担架を上げてなんていうのを見ている間も、もちろん抱っこ。息子は後ろのご婦人に、『へりこりたー(母注:ヘリコプター)、すごいねー!』などと話しかけていました(^^;。写真は真上を飛んでいる消防の赤いヘリコプター。望遠で撮ってません。すごい迫力でした!

    また、スタンプラリーがあったのですが、これがまた会場のはじとはじにスタンプのポイントがあって、距離にしたら1.2km位あるのですけれど、これもとにかくサイドキックで抱っこして移動していました。いつもお昼前後は、息子はまだお昼寝をしているので、うとうとしながら抱っこされていました。そうして着いた掩体壕のある第2会場では、紙飛行機作りがあったのですが、私たちの辺りでキットの数が足りないかも、ということになって、並ばずに第1会場へ戻ってきてしまいました。1時半頃だったでしょうか。

    せっかく抱っこで歩いて頑張ったのになあ、と思っていたら、それでも並んでいたKちゃんママから電話があって、うちの分までなんとか数が足りたから、作って持ってきてくれる、とのこと。ありがたや〜。海と島の展示ゾーンで、アカエイやネコザメなどを見つつ(やっぱりヒトデもいました)、スタンプラリーを遠くプロペラカフェまで行って仕上げて、さすがに自分もバテてきましたので、帰ることにしました。水分補給をしつつ、自転車を取りに行って、こちらへ戻ってきたKちゃんから紙飛行機を頂いて、家へ向かいました。帰りの上り坂がきつかったです。

    ちなみに、スタンプラリーの賞品は味の素スタジアムのタオルと、ソフトスポンジの飛行機の絵がついている携帯ストラップでした。わあわあイベントをやっている横の滑走路で、通常運行で伊豆への便が離発着しているのがすごいなあと思いました。飛行場はやはりわくわくして楽しい場所です。来年もまたぜひ遊びに行きたいです。息子も、来年はさすがにサイドキックは卒業していることでしょう。

    関連記事:マザーズバッグとベビーキャリア。kembyサイドキックならどちらも。
    JUGEMテーマ:こどもとおでかけ
    Posted by : may5thnews | サイドキッカーな日々(おでかけ情報など) | 16:36 | comments(4) | trackbacks(0)
    コメント
    ありがとうございます。
    懐かしい名前です。調布飛行場祭りですか?
    いつ頃から始まったんですか?
    自分の母校が道路を挟んで直ぐ側でしたのでとても懐かしいです。
    (まだ、関東村があったり、太平洋戦争中の陸軍の飛行機『飛燕』の延耐壕が残っていましたよ。)

    来年は是非行ってみたいです。
    | 源吾 | 2009/10/21 5:55 PM |

    こんばんは。mixiの方からお越しくださったのですよね。メインの仕事と別に、なぜかこんな仕事もしています・・・ご出産祝いを贈られるようなことがありましたら、こんな商品があったなあと思い出して頂ければ幸いです。

    さて、調布飛行場祭りですが、入り口のところに『第14回』と書いてありました。息子と二人で出かけたので、場内の雰囲気を伝える写真が撮れずに終わってしまいましたが、他の方のブログなどをご覧になったら、盛況振りがおわかりになるかもしれません。前もって予約すれば、管制塔の見学などもできたり、飛行場を満喫できる本当に楽しいおまつりでした。ぜひ行ってみてください。

    掩体壕は、この飛行場に遊びに行くようになって初めて知った言葉でした。飛行場に隣接して、武蔵野の森公園という広大な公園になっていますが(ちなみに、こちらが、紙飛行機を作る第2会場になっていました。)、そこに飛燕の掩体壕が保存されています。学校・・・外語大?ICU?どちらも文系トップですね?あ、外語大がこちらに引っ越したのは比較的最近でしたっけ。
    | May5th | 2009/10/24 11:48 PM |

    お返事ありがとうございます。

    私は調布市の方で育っていまして、中学(調布中学)が母校です。掩体壕が今でも残っていたとは思いませんでした。

    東京スタジアム?や武蔵野の森公園 は多分関東村跡地だったと思います。
    近くの甲州街道は、東京オリンピックの時に男子マラソンの折り返し点で、今は歴史になりましたがアベベ、君原、円谷の力走をリアルで応援したところでもあります。

    ご参考に、調布飛行場第244戦隊のH.Pです・ご参考までに。

    http://www5b.biglobe.ne.jp/~s244f/index.htm

    | 源吾 | 2009/10/26 10:38 AM |

    そうでしたかー。今、あの辺一帯は、よく整備されて気持の良いところになっています。平日はがらがらですが、飛行場も、武蔵野の森公園も、土日はたくさんの人で賑わいます。冬は吹きさらしでかなり寒いので、本格的に冷える前にもう一度くらい遊びに行きたいと思います。おまつり以降、息子にはヘリコプターがかなり気になる存在になったようです(^^
    | May5th | 2009/10/28 12:03 AM |










    この記事のトラックバックURL
    http://news.may5th.jp/trackback/96
    TOP