<< 調布飛行場まつりに行ってきました | main | 新幹線三昧 >>
教育フェア 2009
0

    に行ってきました。初めて見るワンワンは大きくて、ちょっとドキドキ(らしい)な息子でした。朝から行こうと思ったのですが、お昼ごはんやらお昼寝やらの兼ね合いで午後になりました・・・思ったより長々とお昼寝をしてしまい、着いたのは夕方のがんこちゃんのショーの途中でした。NHKへの直行バスがすごく混むかと思っていたけれど、意外に空いていて助かりました。とてもじゃないけど、あの渋谷の人込を歩いて駅へ向かうなんて不可能です。

    がんこちゃんの後すぐに、ワンワンとの写真撮影の列に並んだので、他はあまりゆっくり見ることもできずに終わってしまいましたが、久々の外出でちょっと気晴らしになりました・・・というのは、先々週は息子が新型インフルエンザに罹ってしまい、1週間まるまる引きこもり生活をしていたからです。先週の日曜にはほぼ全快していたのですが、熱が下がってから数日はまだ人にウイルスを感染させる可能性がある、ということで、バイオテロにならないよう、外出は先週半ばまで控えていました。

    息子の通っている一時保育の保育園で新型が流行り始めたのが10月半ば、調布飛行場まつりから帰って熱と咳が出たのに、ただの風邪だと思って病院へ行かなかったのは失敗でした。熱も高くなく、少し元気が無い位で普通に遊んでいたのでそう思い込んでいたのですが、飛行場まつりの翌々日の午後には、熱が40℃まで上がってしまいました。急いで病院へ行って検査したらA型陽性。タミフルは発症後48時間以内がよく効く、とのことで、息子の場合は時すでに遅かったらしく、熱が下がったのは金曜でした。

    風邪で病院へ行って、インフルエンザをもらってきたらいけないし、などと二の足を踏んでいてはいけなかったのだな、と反省しました。保育園などで集団生活をしている子がこの時期に調子を崩したら、とにかく早めの対処が必要なのだと痛感しています。症状が軽く済んだのはラッキーでした。病院にはサイドキックで抱っこして行きました。こんな話でPRもどうかと思うのですが、歩かせるのもいやでしたし、こういう時もやっぱり便利だと思いました。

    さて、ちょっと話が戻りますけれど、教育テレビの番組の、私の3大ビックリなことを書きます。
    1.がんこちゃんは人類滅亡後の話だったこと
      ・・・ご存知でしたか?てっきり人類誕生前の話だと思っていましたが、人の残した遺跡があるんですよ。エコな話題が多いのもそういうところからかも。
    2.ぐーちょこらんたんの4人が、ぐー、ちょこ、らん、たんという名前でなかったこと
      ・・・てっきりそうだと思い込んでました。国の名前だなんて。
    3.ペネロペがコアラだったこと
      ・・・てっきりクマだと(略
    息子はピタゴラスイッチをピタゴッチと言っています(笑。いないいないばあっ、におかあさんといっしょ、クインテット、うちで一番見ているチャンネルは3チャンネルかも。

    教育フェアは11/3までだそうです。
    教育フェア 2009

    JUGEMテーマ:こどもとおでかけ
    Posted by : may5thnews | サイドキッカーな日々(おでかけ情報など) | 13:06 | comments(0) | trackbacks(0)
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://news.may5th.jp/trackback/97
    TOP